トップページ >> 糖尿病の症状 >> 糖尿病の初期症状として気づきやすいのが「足」の異変です。

糖尿病の症状や初期症状の気になる部位・症状

このページでは、糖尿病の症状『足』について説明しています。
他の部位の症状または初期症状については下記画像をクリックすると詳細ページへ遷移します。

足 皮膚 しびれ
かゆみ 頭痛 めまい
便秘 目 白内障
高血圧

糖尿病の症状『足』

糖尿病の初期症状はとてもわかりにくいです。 自覚症状がほとんどないという特徴が糖尿病にはあるのです。 この時点でとてもやっかいな病気であることがわかりますよね。

このページで紹介するのは、糖尿病の「足」の症状について詳しく説明していきます。 普段からの足のケアについても説明します。

糖尿病を発症しているのに気づかない場合、 知らないうちに合併症が進行してしまうという怖さがあるんです。

その合併症のなかでも 最も頻度が高く、初期症状として気づきやすいのが「足」の異変です。 足の症状は糖尿病の三大合併症のうちの「糖尿病神経障害」です。 糖尿病による体への影響は合併症も含めて多岐にわたりますが、足への影響も非常に大きく 糖尿病によって年間数千人も足を切断しています。

初期症状として気づきやすいのが「足」の異変

糖尿病神経障害とは?

「糖尿病神経障害」とは、糖尿病が原因で生じる合併症のひとつで、糖尿病網膜症、糖尿病腎症とともに「3大合併症」といわれています。
3大合併症のうち最も頻度が高いのが、この「糖尿病神経障害」です。
糖尿病になると、細い毛細血管がもろくなるなどのダメージを受けます。末梢神経に血液を運ぶ毛細血管が傷つくと、十分な酸素と栄養が運ばれなくなり、感覚や運動を司る神経と自律神経に悪い影響が及びます。

糖尿病性神経障害を要因とするもの
  • 足がしびれる
  • 足に違和感がある、感覚が鈍い気がする
  • 足がほてる
  • 足が冷える
  • 足がつりやすい
  • こむら返りがおこる
  • 長時間歩くとふくらはぎが傷むが、休めば治る
  • 気付かないうちに足にけがをしやすい
糖尿病の方がなりやすい症状
  • 足のいろいろな箇所にタコができる
  • 足の爪が巻き爪になりやすくなる
  • 足の皮膚が乾燥したり、ひび割れを起こしやすい
  • 爪把厚という爪水虫のような症状が出やすい

『なんかおかしい!』と強く思うときには相当、合併症も進んでいる場合がほとんどです。
糖尿病による合併症のために年間3,000人以上もの患者さんがが足を切断していることをご存知ですか?
それは糖尿病による神経障害による末端組織の壊死が原因です。
糖尿病による足の症状が感覚的に問題があると感じることができないで放置されることが 最大の原因です。
そうならないために重要なのが、足の形や症状を日々チェックすることです。

糖尿病の合併症として一番最初に出て来るのが、糖尿性神経障害なのですが、これは自覚症状のあるなしにかかわらず、糖尿病患者の7割以上の患者さんに影響が出ているといわれています。
神経障害と一言で言ってしまっても、症状は実に種々様々です。

糖尿病「足」の症状について

まず足の先がしびれたり、ぴりぴりしたりする。ぶつけたりした覚えがないにもかかわらず、指先が痛い。怪我や傷が治りにくい。足がつったりけいれん をよく起こす。非常に冷たく感じたりする。人によっては感覚が無くなってしまうなど非常に重篤な症状を訴える方もいらっしゃいます。
何故そんな症状が出るのかと言うと、それは血流の滞りによるものなのです。
糖尿病によって血糖値が高くなった血液はどろどろです。
末端の毛細血管に 酸素や栄養が送られにくい状態が続くので、手足、特に足の末端に症状が出やすいのです。
「何かおかしい」と自覚症状が出ている時には、合併症がかなり進んでしまっています。

年齢を重ねるとどうしても足にトラブルは起こりがちです。
でも、見過ごしがちな違和感に気をつけることは、糖尿病による足の切断という悲劇を予防する唯一の方法です。
いつものことだからと軽視せず、ちょっとした前兆を見逃さないで下さい。

糖尿病の症状に、どのようなものがあるか知っておけば、普段自分でチェックして、早期に発見することが期待できます。
また、糖尿病と診断された人は、症状が進行したことのサインでもあります。

糖尿病「足」の症状チェックとケア方法

逆に、痛みや熱を感じ難くなるという症状があらわれることもあります。
このような症状のチェックは、自分以外の誰かに楊枝などで足をつついてもらうなどして行うことができます。

尿も、糖尿病のチェックには欠かせません。量や臭いなどでチェックすることもできます。
糖尿病を患うと、喉が渇き、水分を多量に摂取してしまいがちですが、それを鑑みても、多いと感じるほどの量の排尿が起こります。また、アセトン臭と呼ばれる、果実酒のような甘い臭いがすることがあります。

足の感覚や、尿の状態は、糖尿病の管理には大きな意味があります。まめにチェックしておきましょう。

普段から足を怪我しないように気をつけ、冷たくならないように靴下を履く、普段から傷がないかなどの観察をすることも大切です。
足のケアを怠らないようにしましょう。
なかなか自分で足を見るのが難しい人は家族にみてもらうようにしましょう。

心配な場合には、早めに医者で診察し、判断・治療することが大切です。

糖尿病を予防・改善する!

糖尿病の予防・改善には、血糖値のコントロールは必須と言われています。 運動・食事制限等が大切になってきます。 しかし、急に生活習慣を変えれない方も多いと思います。

糖尿病はとても恐い病気です。放っておくと様々な合併症を引き起こしたりと、大変なことになります。 糖尿病予備軍の人も同じです。放っておくと糖尿病になってしまいます。

そこで、まずは手軽にはじめられることからはじめてみませんか? 紹介するのは、糖尿病の予防・改善に役立つサプリメントです。

効果について、このページ『血糖値をコントロールするサプリメント』でまとめています。 是非、手遅れになる前にお試しくださいね。

この記事を監修した人

監修:宮座 美帆

経歴&活動:
平成25年 臨床工学技士の資格取得。
同年より、広島大学病院に勤務し循環器・呼吸器・代謝内分泌などの疾患を対象に多くの仕事に従事し経験を積む。
現在は医療に関する執筆・監修をこなす医療ライターとしても活動中。
病院・クリニック・企業のHP内コラム等も担当し、読者のみなさまが「病院を受診するきっかけ」作りを積極的に行う。

Twitterはこちら

ページトップへ
糖尿病尿泡ドットインフォ -糖尿病に関して詳しくなるWebサイト-

Copyright (C) 2015 copyrights.tounyoubyou-nyou-awa.info All Rights Reserved.